リゾート 東京メトニョ ニャんボク線

コンセプトは、「猫のように気ままで自由な散歩がしたい、、、お散歩リゾート列車」で、レール幅が同じならば電化方式に関係なくどんな路線にも行けるハイブリッド車を採用! 自分から積極的に出ないけど、とりあえず誘われれば出走できるネタが用意できました(当方としては35年ぶりの新車模型)。 一般列車とは異なるブランドを検討しています。

※始発駅と終着駅では見送りと出迎え(リゾート系では手振りも含め通常1~3人で、2交代/日)

※幟旗(強風の場合は使用せず)…通常は縦小型、臨時の観光キャンペーン開催時(地元を巻き込み多人数で普段は実施しない駅も含め複数駅)の場合は横大型(都心側始発駅は「いってらっしゃい」、それ以外は「ありがとうございます」)

※イブニングライナー、ホームライナーでは手振りを実施せず

普通乗車券+快速・普通列車の指定席券(330~530円)で乗れる、コスパに優れた「プチ贅沢(プレミアムエコノミー)」感のゾーンに投入(例/リゾートみのり、リゾートあすなろ、おいこっと、富士登山列車など)・・・最も競合が激しいカテゴリーだが、それだけ需要も多いと判断しました。

※行先LED(交互表示)例…

「(肉球マーク)[東京メトニョ] リゾートニャんボク線」→「[快速(Rapid)] リゾートニャんボク線(Nyanbokusen)」→「[快速/全車指定] 猫ヶ原(For Nekogahara)」

当方では「HE-S300系」を名乗る予定・・・(High Performance for Economy Saloonの略)


※列車名は、自社線内の定期列車が「快速 リゾートニャんボク線」「快速 モーニングライナー東京メトニョ」「快速 ホームライナー明日にゃろ」、他社線(外部走行会の参加を含む)へ乗り入れ不定期列車が「臨時快速 リゾート明日にゃろ」

※モーニングライナー(都心方向のみ)、ホームライナー(下りのみ)は亀戸停車、リゾート快速系は亀戸通過

※自転車搭載部分は後付け改造しています(2020.12.2運用開始)

地場産品によるお食事(またはカフェ)提供も視野に入れ、座席にはミニテーブルも設置。

JR西日本「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」のように自転車をそのまま積み込めるサイクルスペースを4台分設置を想定。

https://www.jr-odekake.net/railroad/kankoutrain/area_okayama/lamalledebois/

※要予約(追加料金200円)、搭載可能台数を超えてしまった場合は通常通り折り畳みまたは分解して輪行袋で利用可(追加料金無し)

※そのままの状態で自転車が入出場可能な駅は、始発駅と終着駅だけに限定(輪行袋の場合は全駅可)

この部分は種車であるJR東日本HB₋E300系を使用した「リゾートしらかみ(青池編成)」の3号車イベント用フリースペースに準じた仕様にすれば実現可能と思われます。

https://www.jreast.co.jp/railway/joyful/shirakami.html